燃(え)殻(読み)モエガラ

精選版 日本国語大辞典の解説

もえ‐がら【燃殻】

〙 燃え尽くしたあとに残るもの。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「此半月の大熱に体は宛(さ)ながら燃殻(モエガラ)の如くなって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android