コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹く風の フクカゼノ

デジタル大辞泉の解説

ふくかぜ‐の【吹く風の】

[枕]
吹く風が目に見えない意から、「目に見ぬ」にかかる。
「世の中はかくこそありけれ―めに見ぬ人も恋しかりけり」〈古今・恋一〉
風の音の意から、「音」「音に聞く」にかかる。
「たまかづら今は絶ゆとや―音にも人の聞こえざるらむ」〈古今・恋五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

吹く風のの関連キーワードエクマンの吹送流思い過ごす風の道計画いささ群竹反対季節風風成循環尾上の松ぶうぶうざざんざ跡無し事山田無文風成海流細小群竹紀淑望貿易風並めてめかも心細い背の君一つ松

吹く風のの関連情報