コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻三八 あづま さんぱち

2件 の用語解説(吾妻三八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾妻三八 あづま-さんぱち

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者・作者。
元禄(げんろく)-享保(きょうほう)(1688-1736)のころの人。役者として道外方(どうけがた)をつとめたが,のち作者に転じた。京都,大坂で活躍し,世話物を得意として趣向だてにたくみであった。姓は「東」「あづま」ともかく。代表作に「お七歌祭文(うたざいもん)」「鬼鹿毛無佐志鐙(おにかげむさしあぶみ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吾妻三八

生年:生没年不詳
元禄から享保(1688~1736)にかけて上方で活躍した歌舞伎役者,狂言作者。道外形役者として2代目嵐三右衛門に引き立てられ,作者を兼ねて成功した。義士劇「鬼鹿毛無佐志鎧」は成功作で,同名の浄瑠璃が豊竹座で上演された(紀海音作)。世話物にも長じ,「お七歌祭文」などを残した。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻三八の関連キーワード歌舞伎役者荒木武兵衛伊藤小太夫(初代)杉九兵衛杉伝十郎玉井権八段助鳥居庄七中村勘之丞花井才三郎(2代)