コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂大臨(読み)りょたいりん(英語表記)Lü Da-lin; Lü Ta-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂大臨
りょたいりん
Lü Da-lin; Lü Ta-lin

中国,北宋の学者。藍田 (陝西省) の人。字は与叔。大鈞の弟。程頤 (ていい) に学び,六芸に通じ最も礼に詳しかったという。謝良佐,遊酢,楊時とともに程門の四先生といわれた。煕寧9 (1076) 年,郷里の藍田で村落教化と相互扶助を目的とする民間の社会団体,郷約を組織。元祐年間 (86~93) に召されて太常博士,秘書省正字となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の呂大臨の言及

【金石学】より

…彼の友人劉敞(りゆうしよう)(1008?‐69)も《先秦古器図》を著し,科学者沈括(しんかつ)も古銅器に関心を寄せていた。現存する最古の青銅器図録は1092年(元祐7)の呂大臨(1042?‐90?)の《考古図》で211点の古銅器の器形と銘文解釈が試みられている。呂大臨より30年のち,徽宗皇帝が鋭意収集した青銅器をもとに《宣和博古図》30巻が作られた。…

※「呂大臨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android