コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂大臨 りょたいりんLü Da-lin; Lü Ta-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂大臨
りょたいりん
Lü Da-lin; Lü Ta-lin

中国,北宋の学者。藍田 (陝西省) の人。字は与叔。大鈞の弟。程頤 (ていい) に学び,六芸に通じ最も礼に詳しかったという。謝良佐,遊酢,楊時とともに程門の四先生といわれた。煕寧9 (1076) 年,郷里の藍田で村落教化と相互扶助を目的とする民間の社会団体,郷約を組織。元祐年間 (86~93) に召されて太常博士,秘書省正字となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の呂大臨の言及

【金石学】より

…彼の友人劉敞(りゆうしよう)(1008?‐69)も《先秦古器図》を著し,科学者沈括(しんかつ)も古銅器に関心を寄せていた。現存する最古の青銅器図録は1092年(元祐7)の呂大臨(1042?‐90?)の《考古図》で211点の古銅器の器形と銘文解釈が試みられている。呂大臨より30年のち,徽宗皇帝が鋭意収集した青銅器をもとに《宣和博古図》30巻が作られた。…

※「呂大臨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呂大臨の関連キーワード考古図饕餮文楚辞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android