コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉師虔(読み)ご しけん

世界大百科事典 第2版の解説

ごしけん【呉師虔】

1672‐1743
琉球王朝時代の代表的花鳥画家。本名は山口宗季(そうき),字は子敬,号は雲谷,呉師虔は唐名。1691年に貝摺(かいずり)奉行所の絵師となる。1703年に尚敬王の命により福建省福州に留学し,孫億に師事し,写生的花鳥図を学んで07年に帰国した。15年(正徳5)には京都の近衛家熙の御用で《花鳥図》を描き,近世写生画の勃興へ寄与した。晩年は尚豊王尚質王の御後絵(肖像画)を描き,また殷元良画技を教えた。作品に《花鳥図》(大和文華館)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android