コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殷元良 いんげんりょう

4件 の用語解説(殷元良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殷元良
いんげんりょう

[生]尚敬王6(1718)
[没]尚穆王16(1767)
琉球の画家。幼名は真牛 (もうし) ,名は庸昌,殷元良は唐名。 12歳のとき尚敬王に召され,貝摺奉行所の画家山口宗季に画技を習い,国王より印を賜わる。進貢使の一員として北京に渡り帰国,琉球画壇の第一人者として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

殷元良 いん-げんりょう

1719*-1767 琉球の宮廷画家。
尚敬王6年12月21日生まれ。幼少のころから画に才能があり,12歳のときから尚敬王の宮廷でそだてられ,画を山口宗季(呉師虔(ご-しけん))にまなぶ。中国や日本の画の影響をうけ,花鳥画や山水図にすぐれた。のち座間味(ざまみ)間切総地頭。尚穆王16年3月29日死去。50歳。本名は座間味庸昌(ようしょう)。字(あざな)は廷器(ていき)。作品に「山水図」「鶉(うずら)図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

殷元良

没年:尚穆16.3.29(1767.4.27)
生年:尚敬6(1718)
18世紀の琉球の画家。本名は座間味庸昌。字は廷器。尚敬17(1729)年,尚敬王の宮廷に召され,呉師虔(山口宗季)に絵を学んだ。尚穆1(1752)年,進貢使の一員として清に渡って画技を磨き,帰国後,尚敬王の肖像画を描いた。細密な花鳥画,文人画風の山水画をよくする。木村探元の画論『三暁庵雑志』に言及があるように,生前から日本に知られていた。作品に「粟鶉図」(1748,大倉集古館蔵),「山水図」(1753,正木美術館蔵),「雪中雉子図」(沖縄県立博物館蔵)など。<参考文献>比嘉朝健「琉球歴代画家譜」(『美術研究』45,48号)

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんげんりょう【殷元良】

1718‐67
琉球王朝時代の宮廷画家。本名は座間味庸昌(ざまみようしよう),字は廷器といい,殷元良は唐名。12歳のとき尚敬王に召され,王府において呉師虔(ごしけん)(山口宗季)より画技を学んだ。中国画や日本画の影響を受けて,写生的花鳥図,文人画的な山水図に長じた。1752年,進貢使の一員として中国に渡り,福州にて《山水図》(正木美術館)を描いた。代表作に《鶉図》(大倉集古館)がある。【林 進】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

殷元良の関連キーワード座間味港慶良間海洋文化館沖縄県島尻郡座間味村阿嘉沖縄県島尻郡座間味村阿佐沖縄県島尻郡座間味村阿真沖縄県島尻郡座間味村慶留間沖縄県島尻郡座間味村座間味仲宗根嶂山座間味[村]座間味庸昌

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone