コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口宗季 やまぐち そうき

2件 の用語解説(山口宗季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口宗季 やまぐち-そうき

1672-1743 琉球の画家。
尚貞(しょうてい)王4年11月3日生まれ。王府の絵師となり,清(しん)(中国)に留学して孫億らにまなぶ。歴代国王の御後絵(おごえ)(肖像画),献上用絵画などをかく。弟子に殷(いん)元良らがいる。また清より朱印色(朱肉)の製造法をつたえた。尚敬(しょうけい)王31年2月2日死去。72歳。字(あざな)は子敬。号は雲谷。後名は保房。唐(とう)名は呉師虔(ご-しけん)。作品に「四季翎毛花卉図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山口宗季

没年:尚敬31.2.2(1743.2.25)
生年:尚貞4.11.3(1672.12.21)
首里王府時代の絵師。唐名は呉師虔。19歳で王府の絵師に任命,31歳のとき中国福州に絵画留学し,福州第1の絵師といわれた孫億のほか,順 梁亨や鄭大観に師事,同地に4年間滞在して精力的に画技を習得して帰国。帰国後の翌年(1708),許可を得て泉崎から王府近くの崎山に遷居,絵師主取となって薩摩藩主への進上品や国王の御後絵(肖像画)を描くなど,積極的な制作活動に従事しているが,花鳥図には孫億の影響が強く感じられる。また,中国伝来の朱肉(朱印色)調製技術を習得し,はじめて国内の朱肉製造に当たるなどの功績がある。<参考文献>『呉姓家譜』

(上江洲敏夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山口宗季の言及

【沖縄[県]】より

…王府時代の画家では欽可聖(きんかせい)(城間(ぐすくま)清豊,1614‐44)が天才自了(じりよう)とよばれ,中国の陳元輔や日本の狩野安信らに推称されたという。17~18世紀には呉師虔(ごしけん)(山口宗季)とその弟子殷元良(いんげんりよう)(座間味庸昌)を生んだ。このころはおもに中国の技法を学びながら琉球独特の絵画を生み出し,琉球絵画が最も栄えた時期である。…

【呉師虔】より

…琉球王朝時代の代表的花鳥画家。本名は山口宗季(そうき),字は子敬,号は雲谷,呉師虔は唐名。1691年に貝摺(かいずり)奉行所の絵師となる。…

※「山口宗季」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山口宗季の関連キーワード絵師草紙おもろさうし首里天恩河朝恒城間清豊呉師虔仲宗根嶂山松浦応真斎吉岡蘇雪ル=チュルデュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone