コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅山 ぼうざんMáo shān

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうざん【茅山 Máo shān】

中国,江蘇省南西部,太湖長江(揚子江)の間の平地に突出する丘陵群。大茅峰(330m),丫髻山(あけいざん)(410m)などが南北に並び,南は天目山脈につらなる。(し)の字のようにくねくねとつらなる山容から句曲山(こうきよくさん),また巳山と呼ばれ,山の北西の県を句容(こうよう)という。古くからの伝承を多くもち,秦の始皇帝会稽山に登った帰りにここに立ち寄ったという。また漢代に茅盈(ぼうえい)とその2人の弟がここで道術を得て仙人となったので,茅山,三茅山とも呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茅山の関連キーワード紅葉たふ・黄葉たふ横須賀(市)五領ヶ台貝塚リーヤン県江蘇(省)三善庸礼紅葉たふ毛利広豊中野南強萱生玄順安武厳丸立花蘭斎茅山貝塚牧園進士夏島貝塚素山貝塚新見正路吉井貝塚石山貝塚牛頭法融

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android