コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅山 ぼうざんMáo shān

1件 の用語解説(茅山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうざん【茅山 Máo shān】

中国,江蘇省南西部,太湖と長江(揚子江)の間の平地に突出する丘陵群。大茅峰(330m),丫髻山(あけいざん)(410m)などが南北に並び,南は天目山脈につらなる。巳(し)の字のようにくねくねとつらなる山容から句曲山(こうきよくさん),また巳山と呼ばれ,山の北西の県を句容(こうよう)という。古くからの伝承を多くもち,秦の始皇帝が会稽山に登った帰りにここに立ち寄ったという。また漢代に茅盈(ぼうえい)とその2人の弟がここで道術を得て仙人となったので,茅山,三茅山とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone