嵩山(読み)すうざん

精選版 日本国語大辞典「嵩山」の解説

すう‐ざん【嵩山】

[1] 〘名〙 高い。崇山。
[2]
[一] 中国、河南省北西部、洛陽の東にある名山。中国五嶽の一つ。山に三尖峰があり、中を峻極、東を太宝、西を少室とよぶ。中嶽廟、法王寺、間居寺(もと嶽寺)、少林寺などがある。中嶽。嵩丘(すうきゅう)
[二] 京都の東山。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・古寺言志〈藤原忠通〉「嵩山西畔洛城陽、有寺有楼有竹房
[三] 鎌倉末期~南北朝時代の臨済宗の僧。嵩山は号。名は居中。二度元に渡り、のち京都の南禅寺、鎌倉の円覚寺などに住した。当時の五山文学の代表的人物で、禅師号を辞退したという。著に「嵩山集」二巻がある。建治三~貞和元年(一二七七‐一三四五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「嵩山」の解説

すうざん【嵩山 Sōng shān】

中国,河南省北部,登封県の北方15kmにある山。古く〈禹貢〉に外方山として見え,《史記》に中と記され,五岳の一つに数えられている。別名嵩高山,太室山。高峰は三つあり,東を太室山(1440m),中央を峻極山,西を少室山(1405m)という。俗に太室山24峰,少室山36峰といわれる。神聖な山としてまつられ,とくに則天武后は〈神岳〉と称して尊崇し,中岳廟,法王寺,嵩岳寺など多くの寺廟があるが,少室山にある少林寺は有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の嵩山の言及

【河南[省]】より

…黄河南部の山地は秦嶺山脈の余波が東方に延びたもので,南西から北東に向かう崤山(こうざん)・熊耳(ゆうじ)・外方(がいほう)の諸山脈,北西から南東に向かう伏牛山脈などからなり,平均標高は1000m以上。このうち崤山山脈は黄河南岸の陝県と澠池(べんち)県との間で三門峡を越え,対岸の中条山脈と接し,熊耳山脈の東部では1440mの嵩山(すうざん)が高くそびえ立つ。伏牛,外方の両山脈は黄河と淮河(わいが)との分水嶺をなし,伏牛山脈の南東部はさらに淮河と唐河・白河とを隔てている。…

※「嵩山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android