コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

告解の秘跡 こっかいのひせきsacramentum poenitentiae; confession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

告解の秘跡
こっかいのひせき
sacramentum poenitentiae; confession

悔悛の秘跡ともいう。カトリック用語。七秘跡の一つ。受洗後に犯した罪をゆるす秘跡。赦罪を願う信徒は神と司祭の前でひそかに罪を告白する。この告解を通じて罪によりそこなわれた神との合一が回復する。旧約時代から祭司や特定の人の前での告白赦罪は行われており,キリストも使徒たちに赦罪の権限を与えた (マタイ福音書 16・19,18・18,ヨハネ福音書 20・22~23) 。もと告白は全会衆の前で行われ,告白者は信徒の集りや一切の礼拝式への参加を許されなかったが,のち告白は私的になるとともに告解によって赦免が与えられることとなった。ギリシア正教では告解の秘跡を痛悔機密という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

告解の秘跡の関連キーワードトリエント公会議マルケルス1世カズイスチカエウセビウス聴罪師贖宥

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

告解の秘跡の関連情報