赦免(読み)しゃめん

精選版 日本国語大辞典「赦免」の解説

しゃ‐めん【赦免】

〘名〙
① 罪を許し、刑罰を免除すること。また、課せられるべき責務などを免除すること。
※権記‐長保二年(1000)五月一八日「依母后御悩、行赦免之例可勘申
※平家(13C前)三「俊寛僧都一人、赦免なかりけるこそうたてけれ」 〔史記‐淮南厲王伝〕
② あやまちを許すこと。
※狂言記・吟聟(1660)「ひまもゑませいでおそなはりましたる所。御しゃめんあられませい」
③ 束縛から解放してやること。自由の身にしてやること。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「フダイノ トコロヲ xamenxite(シャメンシテ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「赦免」の解説

しゃ‐めん【赦免】

[名](スル)罪や過ちを許すこと。「疑いが晴れて赦免される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android