コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悔悛 カイシュン

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゅん〔クワイ‐〕【悔×悛】

[名](スル)
犯した罪を悔い改めること。改悛。
キリスト教で、過去の罪をいて、神の赦しを請うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしゅん【悔悛】

( 名 ) スル
犯した罪を悔い改めること。改心。改悟。 「 -して仏道に入る」
カトリック教会で、ゆるしの秘跡の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悔悛の関連キーワードフランス(Anatole France)俊・峻・悛・春・浚・瞬・竣・蠢・逡・駿ルターの「九十五か条の論題」(抄)四季大斎日・四季大斎週間テオドシウス(1世)カトリック教会カノッサの屈辱シクスツス2世ゆるしの秘跡つぐないの日クラーナハジェルソン告解の秘跡告解の秘蹟宗教改革詩篇曲受難日四旬節奇跡劇仏道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android