悔悛(読み)カイシュン

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゅん〔クワイ‐〕【悔×悛】

[名](スル)
犯した罪を悔い改めること。改悛。
キリスト教で、過去の罪をいて、神の赦しを請うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしゅん【悔悛】

( 名 ) スル
犯した罪を悔い改めること。改心。改悟。 「 -して仏道に入る」
カトリック教会で、ゆるしの秘跡の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐しゅん クヮイ‥【悔悛】

〘名〙
① 犯した罪を悔い改めること。改心改悟改悛
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「千千岩は甚(いた)く悔悛(クヮイシュン)覚悟せる由をほのめかしつ」
② キリスト教で、神の恵みにより、罪のゆるしを得るために、自分の罪を認めそれをわびて、心を神に向きかえること。告解。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android