コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

告解 コッカイ

百科事典マイペディアの解説

告解【こっかい】

キリスト教用語。英語でconfession。カトリック教会ではゆるしの秘跡の第1段階とされ,司祭に自らの罪を明かす行為をいう。最低年1回の告解と秘密の厳守が義務づけられている。
→関連項目復活祭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

告解

英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1994)。原題《Wild Horses》。競馬界を舞台にしたシリーズの第33作。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こっかい【告解 confession】

キリスト教用語。罪のゆるしの秘跡の全体を指すこともあるが,より厳密にはこの秘跡の第1の段階,すなわち神のゆるしを受けるために,権限を授けられた司祭にたいしてみずからの罪を言いあらわす行為を意味する。初代教会では公的な告解も行われたが,後に司祭にたいして個人的になされる秘密告解が一般的慣行となった。第4ラテラノ公会議(1215)以来,年1回の告解がすべての信徒にとって最小限の責務とされており,また告解の秘密は不可侵であることが教会法によって規定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こっかい【告解】

( 名 ) スル
カトリック教会で、「ゆるしの秘跡」の旧称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の告解の言及

【信仰告白】より

…キリスト教において信仰の根本を明確な言葉で表したもので,信仰の規準となり,礼拝文にも用いられるもの。カトリックでは〈信条〉と呼ぶ。旧約聖書の《申命記》26章5~9節は最古の信仰告白といわれ,イスラエルのエジプト下り,エジプト脱出,カナン侵入が歴史の支配者たる神の導きによるものと述べられている。新約聖書にはイエスの死と復活を中心とする信仰告白があり,それは宣教の基礎となり,洗礼式文としても用いられた。…

【懺悔】より

…すなわち阿弥陀仏に懺悔して福利を求める〈阿弥陀悔過(あみだけか)〉,薬師如来を本尊として懺悔する〈薬師悔過〉などがそれである。 キリスト教においては,告白,告解などが懺悔の意味に用いられている。〈告白〉は一般に自己の信仰を表明することによって過去の生き方を悔い改めることであり,〈告解〉はとくにカトリックの用語で,洗礼後に犯した罪を聴罪司祭に告白して許しを受けることである。…

【ゆるしの秘跡】より

…聖書ギリシア語のmetanoia(悔い改め,回心)のラテン語訳paenitentiaに由来し,後に七つの秘跡(サクラメント)の一つを表す名称となった。従来はラテン語の他の言葉poenitentia(<poena=罰)などの影響もあって〈悔悛〉〈告解〉などと訳されてきたが,現代では〈回心〉〈神との和解〉,秘跡名としては〈ゆるしの秘跡〉と呼ばれるようになった。神は人間の罪を絶えずゆるそうとしている。…

※「告解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

告解の関連キーワードルターの「九十五か条の論題」(抄)アングロ・カトリック主義サクラメント(秘蹟)トリエント公会議ネポムク巡礼聖堂コンフェッションポスト構造主義マルケルス1世ラテラン公会議カズイスチカサクラメントエウセビウス遠来の客たちカバーデールドン・ボスコ告白の祈りピュージー告解の秘蹟告解の秘跡終油の秘蹟

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

告解の関連情報