コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周岩漿成 しゅうがんしょうせいperimagmatic

岩石学辞典の解説

周岩漿成

(1) 主な貫入岩体から分岐した岩脈に用いる[Abdullaev : 1957].(2) マグマ源に近いところで見られる熱水鉱床に用いる[Bergeat : 1904, Niggli : 1954].(3) 地殻中に独立して,あるいは地殻下のマグマ層と連絡して存在する二次的の局部マグマ溜りに用いる[渡辺編 : 1935].(4) 貫入岩の周囲で高温度の条件下で,揮発性成分の作用で生成された鉱物に用いる語[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

周岩漿成の関連キーワード上岩漿成

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android