コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周岩漿成 しゅうがんしょうせい perimagmatic

1件 の用語解説(周岩漿成の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

周岩漿成

(1) 主な貫入岩体から分岐した岩脈に用いる[Abdullaev : 1957].(2) マグマ源に近いところで見られる熱水鉱床に用いる[Bergeat : 1904, Niggli : 1954].(3) 地殻中に独立して,あるいは地殻下のマグマ層と連絡して存在する二次的の局部マグマ溜りに用いる[渡辺編 : 1935].(4) 貫入岩の周囲で高温度の条件下で,揮発性成分の作用で生成された鉱物に用いる語[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周岩漿成の関連キーワード貫入岩脈整合貫入岩体不整合貫入岩体ジュース底盤貫入性岩床頭付き岩脈後貫入性岩脈侵入岩体貫入構造岩漿同質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone