コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周岩漿成 しゅうがんしょうせいperimagmatic

1件 の用語解説(周岩漿成の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

周岩漿成

(1) 主な貫入岩体から分岐した岩脈に用いる[Abdullaev : 1957].(2) マグマ源に近いところで見られる熱水鉱床に用いる[Bergeat : 1904, Niggli : 1954].(3) 地殻中に独立して,あるいは地殻下のマグマ層と連絡して存在する二次的の局部マグマ溜りに用いる[渡辺編 : 1935].(4) 貫入岩の周囲で高温度の条件下で,揮発性成分の作用で生成された鉱物に用いる語[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone