貫入岩(読み)かんにゅうがん(英語表記)intrusive rock

デジタル大辞泉の解説

かんにゅう‐がん〔クワンニフ‐〕【貫入岩】

マグマが地殻中に貫入してできた火成岩。深成岩が多いが、半深成岩もある。迸入岩(へいにゅうがん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

貫入岩

十分に移動性があり貫入した岩石で,火成岩を含み,同様に特定の岩塩堆積物や粘土を含んでいる[Dar-win : 1844, Geikie : 1858, Read : 1948].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんにゅうがん【貫入岩】

既存の岩石または地層にマグマが貫入してできた火成岩。 ⇔ 噴出岩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貫入岩
かんにゅうがん
intrusive rock

マグマが地表に噴出せず、地殻内部に貫入して生じた岩石の総称。しかし、実際には、比較的粗粒な火成岩のことをいうことが多く、深成岩と半深成岩とを含む。どちらかというと岩石学的な概念というよりは、地質学的な概念といえる。いろいろな貫入岩体をつくるが、岩体の全部あるいは縁部は急冷のため細粒になっていて、組織上は噴出岩と同じである。このような部分の岩石は、貫入岩体の一部ではあっても、貫入岩に数えないことがある。
 典型的な貫入岩は深成岩であり、花崗(かこう)岩、閃長(せんちょう)岩、閃緑岩、斑糲(はんれい)岩などを含む。粗粒であって、主成分鉱物を肉眼で識別できることが多い。鉱物の定向配列による流理構造のみられることもあるが、一般には無方向、塊状である。顕微鏡下にみられる組織は完晶質かつ等粒であり、ほぼ同じ大きさの造岩鉱物からできていて均質である。噴出岩によくみられる空孔などはまったくない。なお、まれには長石類のやや大きな結晶を含み斑状となることもある。
 岩脈やシルsillの中心部をつくる岩石は、貫入岩のなかではやや細粒で、斑状構造や流理構造を示すことも多いが、顕微鏡下の組織はやはり完晶質であって、ガラス質部分や空孔はまったく認められない。いわゆる斑岩類や粗粒玄武岩(ドレライトdolerite)がこれに含まれる。[橋本光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんにゅう‐がん クヮンニフ‥【貫入岩】

〘名〙 貫入②のマグマが固結してできた岩石。岩石のままで貫入したものもある。迸入岩(へいにゅうがん)
※風俗画報‐二五四号(1902)大島「層中には往往巨大なる岩石を介在せり。所謂貫入岩(クヮンニフガン)是れなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android