コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数スペクトル しゅうはすうスペクトルfrequency spectrum

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうはすうスペクトル【周波数スペクトル frequency spectrum】

通常の信号波形は,多数の異なった正弦波が合成されたものと見ることができる。このとき周波数の関数として,各正弦波の周波数成分の振幅,または振幅および位相複素数によって表したものを周波数スペクトルという。複素数の絶対値がその周波数の正弦波の振幅を表し,偏角が位相を表す。周期波形は,基本周波数の整数倍の周波数のみをもつ正弦波の合成として表される。この周波数スペクトルを線スペクトルという。これに対し,有限なエネルギーを有する波形は連続的な周波数成分をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

周波数スペクトルの関連キーワード音声スペクトログラフ周波数分割多重通信ハートレイの公式連続スペクトル時分割多重通信レスポンス関数周波数帯域幅光情報処理ソナグラフ周波数分析光コム波浪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android