味を占める(読み)アジヲシメル

デジタル大辞泉の解説

味(あじ)を占・める

一度うまくいったことからその妙味を知り、暗に次にも同様のことを期待する。「でもうけて―・める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あじをしめる【味を占める】

一度経験したことのうまみや面白みを忘れない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あじ【味】 を=占(し)める[=得(え)る]

一度わったそのよい味が忘れられないで、次にもそれを期待する。一度うまくいったことを忘れないでいる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
狂言記瓜盗人(1700)「定て夕へのであじをゑて、又今夜もに参らぬことは有まい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android