妙味(読み)みょうみ

精選版 日本国語大辞典「妙味」の解説

みょう‐み メウ‥【妙味】

〘名〙 非常にすぐれた味。また、いうにいわれないおもむき。うまみ妙趣
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・伝聞我道英才賀筭道善博士九十年筭之詩会不堪情感聊成諷吟而已〈藤原茂明〉「心慕善因戒乗、口嘗葷羶
※咄本・一休咄(1668)一「一物もなきをたまはるこころこそ本来空の妙味(メウミ)なりけり」 〔晉書‐王接伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「妙味」の解説

みょう‐み〔メウ‐〕【妙味】

なんとも言えない味わい。非常にすぐれた趣。醍醐味だいごみ。「すぐれた作品のもつ妙味
いいところ。うまみ。「妙味のある商い」
[類語]おもむき風情気韻風韻幽玄気分興味内容興趣情趣情調情緒風趣風格余情余韻詩情詩的味わい滋味醍醐味だいごみ雅味物の哀れポエジーポエティックポエトリーロマンチックメルヘンチックリリカルセンチメンタルファンタジックファンタスティック幻想的夢幻的神秘的ドリーミー感傷的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android