コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼び水政策 よびみずせいさくpump-priming policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呼び水政策
よびみずせいさく
pump-priming policy

誘い水政策ともいう。不況期において財政支出を呼び水として,民間需要を喚起し景気を回復させようとする政策。 1930年代のアメリカでルーズベルト大統領によるニューディール政策の一環として試みられたが,政策実験は成功しなかった。その理由として,(1) 政府支出の規模の不十分,(2) 民間の投資意欲の減退などがあげられる。潜在的民間需要が旺盛な経済情勢であれば,一時的な不況がこのような政策により回復可能といえるが,民間需要が減退しきっているような大きな不況期には有効となりえない。 J.M.ケインズは長期不況の打開策としてこの一時的支出政策を否定し,継続的支出政策を主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呼び水政策
よびみずせいさく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

呼び水政策の関連キーワードニューディール政策

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android