命は風前の灯の如し(読み)いのちはふうぜんのともしびのごとし

精選版 日本国語大辞典「命は風前の灯の如し」の解説

いのち【命】 は=風前(ふうぜん)[=風中(ふうちゅう)]の灯(ともしび)の如(ごと)

(人のは風にゆらぐのように消えやすくたよりないのから) 人生は無常であるということのたとえ。または、危険がに迫っていることのたとえ。〔本朝俚諺(1715)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「命は風前の灯の如し」の解説

いのち風前ふうぜんともしびごと

《「法苑珠林」の「命は風中の灯の如し」から》危険が身に迫っていることのたとえ。また、人生のはかないことのたとえ。
[類語]人生わずか五十年人生朝露ちょうろの如し浮生ふせい夢の如し邯鄲かんたんの枕蜉蝣かげろうの命蜉蝣ふゆう一期いちご夢幻泡影むげんほうよう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android