コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法苑珠林 ほうおんじゅりんFa-yuan zhu-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法苑珠林
ほうおんじゅりん
Fa-yuan zhu-lin

中国,唐の僧,西明寺道世の著。 100巻。総章1 (668) 年成立。仏教の百科事典的性格を有する書物で,全 100巻を項目別に 100編 668部に分け,仏教における思想,術語などを概説,諸経論などからの引用をあげて典拠を明示したもの。千百数十種もの経論が引かれ,現存しないものまで含まれていて,中国仏教資料として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうおんじゅりん【法苑珠林 Fǎ yuàn zhū lín】

中国,唐初に編纂された仏教資料集。100巻。長安西明寺の道世の著作。仏教に関する重要事項を伝統的な類書分類法に従って100篇に分かち,《大蔵経》や《修文殿御覧》ならびに小説類等から事例を集めたもので,巻末に書目が付いている。約10年を費して668年(総章1)に完成した。同僚の道宣の著作《続高僧伝》(645撰),《広弘明集》(664撰)等と密接な関連があり,道宣の著作の索引的役割を持つ。なお魯迅は本書と《太平広記》をおもなよりどころとして《古小説鈎沈》を編纂した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の法苑珠林の言及

【カローシュティー文字】より

…アショーカ王以後も,シャカ,クシャーナ朝の諸王によって採用されたが,5世紀以降,ブラーフミー系文字と交代し,その後,忘れ去られてしまった。19世紀には解読され,仏教,ジャイナ教の文献および《法苑珠林(ほうおんじゆりん)》から,カローッティー,カローシュティーの名称が確認されたが,起源については諸説がある。【田中 敏雄】。…

※「法苑珠林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法苑珠林の関連キーワード命は風前の灯の如し尭恕入道親王諸経要集王玄策方丈声明

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android