夢幻泡影(読み)むげんほうよう

四字熟語を知る辞典「夢幻泡影」の解説

夢幻泡影

まぼろしあわと影のことで、人生のはかないことにたとえていう。

[使用例] 道を求めて行き、やがて無常にたどりつき、一切有為法が夢幻泡影の如く感じられたとき、円寂に帰さなくともよい、という思いにたちいたったのではないか[立原正秋*冬のかたみに|1975]

[解説] 元来は仏教語。「影」を「よう」と読むのは呉音

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「夢幻泡影」の解説

むげん‐ほうよう ‥ハウヤウ【夢幻泡影】

〘名〙 仏語。夢とまぼろしとあわと影のことで、人生のはかないことにたとえていう。
※大智仮名法語(1366頃)「夢幻(ムゲンホウエウ)よりなほあだなる一生の身をすてずして」 〔金剛経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android