邯鄲の枕(読み)カンタンノマクラ

デジタル大辞泉の解説

邯鄲(かんたん)の枕(まくら)

《盧生(ろせい)という青年が、邯鄲で道士呂翁からを借りて眠ったところ、富貴を極めた五十余年を送るを見たが、目覚めてみると、炊きかけの黄粱(こうりょう)もまだ炊き上がっていないわずかな時間であったという「枕中記」の故事から》人生の栄枯盛衰のはかないことのたとえ。一炊(いっすい)の夢。盧生の夢。邯鄲の夢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんたん【邯鄲】 の 枕(まくら)

貧乏で立身出世を望んでいた盧生という青年が、趙の都、邯鄲で呂翁という仙人から、栄華が意のままになるという枕を借り、うたたねをしたところ、富貴をきわめた五十余年の夢を見たが、覚めてみると炊きかけていた粟(あわ)がまだ煮えないほどの短い間であったという、沈既済撰「枕中記」の故事。また、枕をして眠ること。人の世の栄枯盛衰のはかないことのたとえにもいう。邯鄲の夢。邯鄲夢の枕。
※空華日用工夫略集‐至徳元年(1384)一二月一日「那問邯鄲枕事。余詳説而教之」
※謡曲・邯鄲(1464頃)「かり寝の夢をみるやと、邯鄲の枕に臥にけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる