コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和島 誠一 ワジマ セイイチ

20世紀日本人名事典の解説

和島 誠一
ワジマ セイイチ

昭和期の考古学者 岡山大学教授。



生年
明治42(1909)年3月10日

没年
昭和46(1971)年10月29日

出生地
東京都中野区江原町

別名
筆名=三沢 章

学歴〔年〕
早稲田大学文学部史学科〔昭和9年〕中退,東京帝国大学理学部人類学科選科〔昭和16年〕修了

経歴
昭和8年早大在学中、治安維持法により検挙され、退学。10年唯物論研究会に参加、渡部義通らとの日本古代史共同研究で考古学の研究を始めた。11、12年三沢章の筆名で論文発表。17年東京帝大理学部嘱託となり中国各地に研究出張。戦後23〜29年東洋大教授、24〜41年資源科学研究所研究員、41年岡山大法文学部史学科考古学教授。また横浜市大、東京女子大、都立大などの講師も務めた。44年日本学術会議会員。埋蔵文化財保護対策委員会委員長として弥生、古墳時代の遺跡調査を行い、埋蔵文化財白書の作成を主宰。著書に「日本古代史の基礎問題」「原始聚落の構成」「大昔の人の生活」「日本考古学の発達と科学的精神」「横浜市史」(第1巻)、「日本歴史教程」(共著)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

和島 誠一 (わじま せいいち)

生年月日:1909年3月10日
昭和時代の考古学者。埋蔵文化財保護対策委員会委員長
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

和島 誠一の関連キーワード佐原 真荆村遺跡南堀貝塚瓜郷遺跡門脇禎二

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android