コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和幣/幣帛/幣 ニキテ

デジタル大辞泉の解説

にき‐て【幣/幣帛/幣】

後世は「にぎて」「にきで」とも》榊(さかき)の枝に掛けて、神前にささげる麻や楮(こうぞ)で織った布。のちには絹や紙も用いた。
「下枝(しづえ)には青―、白―をとりしでて」〈神代紀・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にきて【和幣】

〔後世「にぎて」とも〕
麻などの繊維で織った、神にささげるための布。のち、絹・紙なども使われた。ぬさ。みてぐら。 「下枝に白-・青-を取り垂でて/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和幣/幣帛/幣の関連キーワードアメノフトダマノミコト(天太玉命)アメノヒワシノミコト(天日鷲命)長白羽神太玉命白和幣

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android