和田 山蘭(読み)ワダ サンラン

20世紀日本人名事典の解説

和田 山蘭
ワダ サンラン

明治〜昭和期の歌人



生年
明治15(1882)年4月6日

没年
昭和32(1957)年1月13日

出生地
青森県北津軽郡松島村(現・五所川原市)

本名
和田 直衛

学歴〔年〕
青森師範〔明治36年〕卒

主な受賞名〔年〕
東奥賞〔昭和31年〕

経歴
師範時代から作歌をはじめ金子薫園に師事。24歳の時、同郷の加藤東籬とともに短歌結社・蘭菊会を結成。のち若山牧水に師事して「創作」に参加。加藤らと東北新社を興し、活版印刷歌誌「東北」を発行。大正2年上京して教員生活に入り、3年処女歌集落日」を刊行。他の歌集に「酒壺」「きさらぎ」「松風」「津軽野」などがある。また書家としても知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる