コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田東郭 わだ とうかく

美術人名辞典の解説

和田東郭

江戸後期の医者。摂津高槻の人。名は璞、字は韞卿、通称を泰純。戸田旭山吉益東洞の門に学ぶ。京都に出て二条家に仕え、のち宮中に召され御医となり法眼に叙せられた。享和3年(1803)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田東郭 わだ-とうかく

1744-1803 江戸時代中期-後期の医師。
延享元年8月12日生まれ。摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩医和田祇忠(やすただ)の3男。戸田旭山(きょくざん),吉益(よします)東洞にまなび,京都で開業。寛政9年朝廷の医官となった。諸家の医術をとりいれ,折衷派の大家となった。享和3年8月2日死去。60歳。名は璞(はく)。字(あざな)は韞卿(うんきょう),泰純。別号に含章斎。著作に「導水瑣言」「蕉窓医譚」など。
【格言など】世医ややもすれば簡を以て粗と為し,繁を以て精と為す。哀しきかな(「蕉窓雑話」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

和田東郭 (わだとうかく)

生年月日:1744年8月12日
江戸時代中期;後期の医師
1803年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

和田東郭の関連キーワード土生玄碩斎藤良益津田玄仙漢方医学生年月日大友玄圭小松大陵和田泰純行徳元穆和田泰沖

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android