コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田旭山 とだきょくざん

5件 の用語解説(戸田旭山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸田旭山
とだきょくざん

[生]元禄9(1696).備前
[没]明和6(1769).2.28. 大坂
江戸時代中期の医師,本草家。本姓鈴木氏。幼名万次郎。備前藩士鈴木五左衛門の長男に生れたが,武士を嫌って母方の姓を名のり,大坂に出て医術を学んだ。自宅に百卉園と名づけた薬草園をもち,各種の薬草を栽培するなど本草に詳しかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とだ‐きょくざん【戸田旭山】

[1696~1769]江戸中期の医師。備前の人。名は斎。通称、斎宮(いつき)。本草学にすぐれ、大坂で開業。著「救生堂圃史」「医学名数」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田旭山 とだ-きょくざん

1696-1769 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)9年生まれ。備前(びぜん)岡山藩士の子。京都で吉益東洞(よします-とうどう)に医学を,津島恒之進本草学をまなび,大坂で開業。自宅の庭(百卉(ひょっき)園)で薬草をそだて,しばしば物産会をひらいて出品した。香川修庵の「一本堂薬選」を批判して「非薬選」をあらわす。明和6年2月28日死去。74歳。本姓は鈴木。名は斎(いつき)。通称は斎宮(いつき)。別号に無悶子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

戸田旭山

没年:明和6.2.28(1769.4.4)
生年:元禄9(1696)
江戸中期の医者,本草家。名は斎,通称は斎宮,号は旭山,无悶子。備前岡山藩士鈴木氏の長男。母方の戸田氏を継ぐ。京都に上り開業,次いで大坂に移る。津島恒之進に本草を学び,鰻谷箒屋町(大阪市中央区)の自宅に薬園を設け百卉園と名づける。宝暦10(1760)年浄安寺で物産会を開き,その記録を『文会録』として出版。出品者中に田村藍水,後藤梨春,松田長元,平賀源内,木村蒹葭堂ら著名本草家を集める。翌11年,明和1(1764)年にも大坂で物産会を主催し,実用的本草学の研究と啓蒙に尽くした。多くの逸話を残し,『近世畸人伝』によると,治痢を得意として患者は1日10名に限り,蓄財に関心なく過当な報酬は受けなかった。また古方医香川修徳 の『一本堂薬選』の所説を批判して『非薬選』を出版したが,修徳の才を愛して自分の子は修徳の門に入れたという。<著作>『救世堂圃史』『医学名数』『病名補遺』『小成漫録』『浪華物産会目録』

(遠藤正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とだきょくざん【戸田旭山】

1696~1769) 江戸中期の医者・本草家。備前国の人。名は斎いつき。自宅に薬草園をつくり薬物会を開く。著「非薬選」「文会録」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸田旭山の関連キーワード小野古風児玉良悦本草家石渡宗伯岡田正応烏田智庵神田玄仙木内政章杉山維敬廬草碩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone