コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土生玄碩 はぶげんせき

7件 の用語解説(土生玄碩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土生玄碩
はぶげんせき

[生]宝暦12(1762)/明和4(1767).安芸
[没]嘉永1(1848)/嘉永7(1854).8.17. 江戸
江戸時代後期の漢蘭折衷派の医師。名は義寿,桑翁と号した。寛政の中頃,大坂で開業中,白内障に対する改良穿瞳術を考案した。この時期に高充国に蘭学を学び,蘭方を志すにいたった。文化5 (1808) 年,南部侯夫人の眼疾の治療に招かれて江戸に出て,迎翠堂を開いて名声を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はぶ‐げんせき【土生玄碩】

[1762~1848]江戸後期の眼科医。安芸(あき)の人。名は義寿。シーボルトに散瞳薬を学び、代償として将軍家斉より拝領の葵の紋服を贈り、禁錮に処された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土生玄碩 はぶ-げんせき

1762-1848 江戸時代後期の医師。
宝暦12年生まれ。和田東郭にまなぶ。のち西洋眼科をおさめ,安芸(あき)広島藩医から幕府奥医師となる。法眼(ほうげん)。散瞳(さんどう)薬の処方を伝授されたシーボルトに葵(あおい)紋服をおくったためシーボルト事件に連座,処罰された。嘉永(かえい)元年8月17日死去。87歳。安芸出身。名は義寿。字(あざな)は九如。別号に桑翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土生玄碩

没年:嘉永1.8.17(1848.9.14)
生年:宝暦12(1762)
江戸後期の眼科医。安芸国高田郡吉田(広島県吉田町)の医家土生義辰の長男。土生家は代々この地で眼科を開業していた。名は義寿,幼名は久馬,はじめ玄道と称し,のち玄碩,号は桑翁,字は九如。安永7(1778)年大坂の楢林塾に入り,さらに京都の和田東郭に学んで帰郷。家伝の漢方眼科にあきたらず,再び大坂に出て三井元孺,高充国などに就いて新知識を受け,特に眼科手術を修得して帰郷開業した。享和3(1803)年広島藩の藩医となり,江戸にあった藩主の6女教姫の眼病を治療して名声を挙げ,そのまま江戸にとどまり,眼科をもって世に知られた。文化7(1810)年江戸幕府奥医師,13年法眼に叙せられる。光学的虹彩切除術の前駆とみられる仮瞳孔術を考案し,蘭館医シーボルトから散瞳薬の伝授を受けた。その謝礼として当時国禁の品・将軍家紋服を贈与したことが発覚(シーボルト事件),改易,財産没収,終身禁固刑となった。天保8(1837)年禁固を解かれて江戸深川に隠居した。遺著に門弟が師説を集録した『迎翠堂漫録』『師談録』などがある。<参考文献>福島義一「日本眼科史」(『日本眼科全書』1巻),同『眼科学史の窓』

(福島義一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はぶげんせき【土生玄碩】

1762‐1848(宝暦12‐嘉永1)
江戸後期の眼科医。安芸国の眼科医の家に生まれ,名は義寿,桑翁と号した。蘭方翻訳医書を読破して西洋眼科の学識を深め,眼球解剖を試みて実技を磨いた。杉田玄白塾に出入りして江戸で名を知られるようになり,1810年(文化7)広島藩医から幕府奥医師に抜擢(ばつてき)され,さらに法眼・本科医員並になった。シーボルトから散瞳薬伝授と引換えに葵紋服を贈ったことからシーボルト事件に連座し改易となり,土地家財いっさいを没収された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はぶげんせき【土生玄碩】

1768?~1848?) 江戸後期の眼科医。安芸の人。名は義寿。幕府奥医師。シーボルトに散瞳薬と引きかえに将軍からの下賜品葵紋の羽織を贈り、シーボルト事件に連座して改易。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土生玄碩
はぶげんせき
(1762―1848)

幕末の眼科医。徳川将軍家奥医師。安芸(あき)国(広島県安芸高田(たかた)市吉田町)の人。青年時代、大坂の楢林(ならばやし)塾、京都の和田東郭(とうかく)(1744―1803)らに学び、一時、生地で開業したが、ふたたび大坂に出て、三井元孺(げんじゅ)(1766―1833)、高充国らから眼科新知識を得て帰郷、開業した。1803年(享和3)広島藩の藩医に登用せられ、眼科医として名声を博した。江戸に移り、1810年(文化7)幕府奥医師、1816年法眼に叙せられた。晩年は、シーボルト事件に連座して、財産没収、改易、終身禁固刑となって、嘉永(かえい)元年87歳で没。
 光学的虹彩(こうさい)切除術の前駆と考えられる仮瞳孔(どうこう)手術を考案し、江戸参府に随伴して江戸にきたオランダ商館医シーボルトに切望して散瞳薬の伝授を受け、その謝礼として当時国禁の品であった将軍家紋服を贈ったことが、シーボルト事件で発覚して処罰された。[福島義一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土生玄碩の言及

【吉田[町]】より

…北部の多治比には毛利元就が青年期まで在城した猿掛(さるがけ)城跡があり,南部には桂城跡,鈴尾(すずのお)城跡など毛利氏一族や重臣の城跡がある。なお江戸時代後期,眼科医として知られた土生玄碩(はぶげんせき)は当地出身で,郡山公園に碑がある。可愛川に沿って国道54号線が通じる。…

※「土生玄碩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土生玄碩の関連キーワード関明霞広島県安芸高田市吉田町桂広島県安芸高田市吉田町国司広島県安芸高田市吉田町高野広島県安芸高田市吉田町多治比広島県安芸高田市吉田町長屋広島県安芸高田市吉田町福原広島県安芸高田市吉田町山手広島県安芸高田市吉田町山部広島県安芸高田市吉田町吉田

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone