コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田水 わだ みず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田水 わだ-みず

1906-1996 昭和-平成時代の生化学者。
明治39年3月20日生まれ。理化学研究所,東京帝大の服部静夫研究室などで植物色素を研究し,昭和7年細胞膜質発酵によるデンプン分離法の業績で特許庁長官賞。33年東海大教授。紅花の色素の研究で知られる。平成8年2月14日死去。89歳。東京出身。東京女高師(現お茶の水女子大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android