コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田水 わだ みず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田水 わだ-みず

1906-1996 昭和-平成時代の生化学者。
明治39年3月20日生まれ。理化学研究所,東京帝大の服部静夫研究室などで植物色素を研究し,昭和7年細胞膜質発酵によるデンプン分離法の業績で特許庁長官賞。33年東海大教授。紅花の色素の研究で知られる。平成8年2月14日死去。89歳。東京出身。東京女高師(現お茶の水女子大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和田水の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門岩井俊二長田弘黒沢清小松左京辻邦生セビアン グローバー運転注意力モニタ MDAS飯島耕一

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android