品位-鉱量モデル(読み)ひんいこうりょうモデル(英語表記)grade-tonnage model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

品位-鉱量モデル
ひんいこうりょうモデル
grade-tonnage model

鉱物資源の予測のための一つの表示法。報告されている世界中の金属鉱床品位鉱量の関係を知るために,横軸に対象金属の品位を,縦軸に高品位側から積算した鉱量をとって表示する。単純には,低品位の鉱石ほど採掘コストが高い。したがって,品位-鉱量モデルを使うと,世界が必要とする対象金属の消費量から採掘される鉱床の品位が求められ,この品位から鉱石の価格を推定することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる