品川大膳(読み)しながわ だいぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

品川大膳 しながわ-だいぜん

?-? 戦国時代の武士。
石見(いわみ)(島根県)の益田藤兼の臣。永禄(えいろく)8年(1565)毛利元就(もとなり)による尼子氏の富田(とだ)月山城攻めで毛利方にくわわる。山中幸盛(ゆきもり)(鹿介(しかのすけ))との一騎討ちで知られ,狼介(おおかみのすけ)勝盛を名のったとつたえられる。通称は半平,三郎右衛門とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android