コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半平 ハンペイ

デジタル大辞泉の解説

はんぺい【半平】

《「はんべい」とも》はんぺん(半平)のこと。
「こっちでは―を焼くと見えて、まっくろに焦げてゐらあ」〈滑・膝栗毛・六〉

はんぺん【半平/半片】

《「はんぺい(半平)」の音変化。「半平」は創製者の名とも、その形からの称ともいう》魚肉をすりつぶし、ヤマノイモなどを加えて蒸した練り製品の一。方形・半月形などに作り、白くて柔らかい。おでん・澄まし汁などに使う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんぺい【半平】

食物のはんぺんのこと。 「 -をやくと見えて/滑稽本・膝栗毛 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の半平の言及

【はんぺん(半片)】より

…わん(椀)のふたや型を用いて半月形にしたための名と思われる。〈半平(はんぺい)〉ともいい,それから転じた語ともされるが,文献上は室町末期ごろからまず〈はへん(半弁)〉なる語が現れ,江戸前期に〈はんへん〉,中期以後に〈はんへい〉の語が出現する。初めはかまぼこ同様ハモなどの高級魚を用いていたが,江戸末期には米粉などの混ぜ物の多い粗製のものが増え,形も角形が多くなったと《守貞漫稿》は書いている。…

※「半平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半平の関連キーワード武市半平太(1829~65)武市半平太旧宅および墓春雨じゃ濡れて行こう沢村国太郎(4代)高知県高知市仁井田喧嘩屋五郎右衛門棟方 巴里爾武市半平太墓花上野誉石碑中沢浅之丞横山嘉兵衛新薄雪物語美幸ちひろ沢田正二郎半片・半平夫神村半平月形半平太辰巳柳太郎榊原職直戸田光正

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半平の関連情報