コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三郎右衛門 さぶろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三郎右衛門 さぶろうえもん

?-? 江戸時代中期の農民。
明和-天明(1764-89)ごろの人。加賀春木村(石川県鳥屋町)の肝煎(きもいり)。春木,大槻(おおづき)の開発にとりくみ,トンネルをほり,用水池をつくって農地とした。道路の新設,改修にもつくした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三郎右衛門の関連キーワード天下茶屋の仇討ち増田三郎右衛門原田三郎右衛門敵討天下茶屋聚赤津三郎左衛門宇喜多直家淀屋辰五郎日下部壺仙川角太閤記日下部鳴鶴山本新太夫鈴木昌司村上光清村田宗珠吉川五明淀屋个庵東条就頼桜井蕉雨水島卜也長野野紅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android