コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品治部広耳 ほんちべの ひろみみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

品治部広耳 ほんちべの-ひろみみ

?-? 奈良時代の官吏。
越前(えちぜん)(福井県)坂井郡の郡司として,天平宝字(てんぴょうほうじ)元年(757)東大寺に墾田100町を寄進した。のちの東大寺領の国富荘,鯖田(さばたの)荘にあたり,東大寺が奈良時代中期から平安時代初期にかけて北陸に設定した初期荘園の代表例。氏は品遅部とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android