コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唄入観音経 うたいりかんのんきょう

1件 の用語解説(唄入観音経の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うたいりかんのんきょう【唄入観音経】

浪花節の演目。講釈ねたの《木鼠吉五郎(きねずみきちごろう)》に取材して畑喜代司が脚色したものを昭和初期に三門博(みかどひろし)が口演,〈遠くちらちら灯りがゆれる……〉の名調子が評判になって一世をふうびした。盗賊の木鼠吉五郎に助けられた百姓の甚兵衛が,その恩にむくいるため《観音経》を覚えるはなしだが,三門博は《一休禅師》に経を読むくだりがあることに想を得て,《唄入観音経》の売物に仕立てた。【矢野 誠一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の唄入観音経の言及

【三門博】より

…上京して初めは,東若武蔵の一座にはいったが,1927年から名古屋へ行き,約10年間をこの地で過ごした。この名古屋時代が三門の芸を形づくったと言われ,有名な《唄入観音経(うたいりかんのんきよう)》もすでにこの間にその基礎はできあがっていた。37年にレコードに吹き込んだ《唄入観音経》は,新内や小唄の節調なども取り込んだ軽快,かつ変調に富んだもので,これが忠君愛国の〈軍事浪曲〉全盛の時代にかえって喜ばれ,たちまち200万枚という空前の大ヒットとなり,〈三門ぶし〉は一世を風靡(ふうび)することとなった。…

※「唄入観音経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唄入観音経の関連キーワード浪花節木鼠雲霧仁左衛門浪花節的節劇切前雲霧五人男木鼠吉五郎木鼠長吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone