コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唄入観音経 うたいりかんのんきょう

世界大百科事典 第2版の解説

うたいりかんのんきょう【唄入観音経】

浪花節の演目。講釈ねたの《木鼠吉五郎(きねずみきちごろう)》に取材して畑喜代司が脚色したものを昭和初期に三門博(みかどひろし)が口演,〈遠くちらちら灯りがゆれる……〉の名調子が評判になって一世をふうびした。盗賊の木鼠吉五郎に助けられた百姓の甚兵衛が,その恩にむくいるため《観音経》を覚えるはなしだが,三門博は《一休禅師》に経を読むくだりがあることに想を得て,《唄入観音経》の売物に仕立てた。【矢野 誠一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の唄入観音経の言及

【三門博】より

…上京して初めは,東若武蔵の一座にはいったが,1927年から名古屋へ行き,約10年間をこの地で過ごした。この名古屋時代が三門の芸を形づくったと言われ,有名な《唄入観音経(うたいりかんのんきよう)》もすでにこの間にその基礎はできあがっていた。37年にレコードに吹き込んだ《唄入観音経》は,新内や小唄の節調なども取り込んだ軽快,かつ変調に富んだもので,これが忠君愛国の〈軍事浪曲〉全盛の時代にかえって喜ばれ,たちまち200万枚という空前の大ヒットとなり,〈三門ぶし〉は一世を風靡(ふうび)することとなった。…

※「唄入観音経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唄入観音経の関連キーワード三門 菊江三門 博鈴木 柳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android