名調子(読み)メイチョウシ

デジタル大辞泉の解説

めい‐ちょうし〔‐テウシ〕【名調子】

その人独特の、みごとな語り口。また、調子にのった話し方。「得意の名調子で聴衆を酔わせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいちょうし【名調子】

味のある独特の語り口。また、調子に乗った弁舌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐ちょうし ‥テウシ【名調子】

〘名〙 話し方がよどみなく、表現が適確でリズム感があり、聞き手の耳に快いこと。その人独特の、あざやかな語り口。
※江戸から東京へ(1925)〈矢田挿雲〉一二「成田屋は〈略〉なかなか泥棒も手に入たもので、五人が舞台へ一列に並んで正面を切ると、例の名調子(メイテウシ)を張り上げ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名調子の関連情報