コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐犬額 トウケンビタイ

デジタル大辞泉の解説

とうけん‐びたい〔タウケンびたひ〕【唐犬額】

額の毛を広く大きく抜き上げ、かどを鋭くとがらせた額。江戸初期、町奴(まちやっこ)の間に流行。唐犬権兵衛が好んだからとも、また、唐犬の額に似ているからともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうけんびたい【唐犬額】

〔唐犬組の町奴が好んだといわれることから〕
大きく広く抜き上げた額。 「大張り小張り-二十六人車座に並べば/浮世草子・好色万金丹」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唐犬額の関連キーワード浮世草子髪形

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android