総髪(読み)ソウガミ

デジタル大辞泉の解説

そう‐がみ【総髪】

女性の髪の結い方の一。かもじを使わないで自分の毛で結うもの。
そうはつ(総髪)

そう‐ごう〔‐がう〕【総髪】

《「そうがみ」の音変化》「そうはつ(総髪)」に同じ。
「前髪の首を―にして渡さうとは」〈浄・千本桜

そう‐はつ【総髪/×惣髪】

男子の髪形の一。月代(さかやき)を剃らず、髪を全体に伸ばし、頭頂で束ねたもの。束ねずに後ろへなでつけて垂らしたものもいう。江戸時代、医者・儒者山伏などが多く結った。そうがみ。そうごう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

総髪【そうはつ】

男子の髪形の一つ。月代(さかやき)をそらず全体に髪をのばし,後ろへたらすか(もとどり)を結ぶ形。平安時代の冠下の髻なども総髪だが,一般には江戸時代の学者,浪人山伏などが用いた髪形をいう。幕末には尊攘志士の間にもっぱら行われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そうがみ【総髪】

そうはつ(総髪)」に同じ。
女性の、かもじを使わずに全部自分の毛で結うもの。

そうごう【総髪】

〔「そうがみ」の転〕 「そうはつ(総髪)」に同じ。 「前髪の首を-にして渡さうとは/浄瑠璃・千本桜」
かぶとの一種。鉢に総髪状の植毛をしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総髪
そうはつ

幕末から明治維新にかけて、男子に行われた髪形。月代(さかやき)を剃(そ)り上げることなく、髪全体を束ねたところからの名称。さらに、髪を束ねずに、後方になでつけたものをもいう。この髪は公家(くげ)、医者、学者、山伏、あるいは明治維新に活躍した志士たちが結った。公家は、紫組紐(くみひも)で髪を束ねるのが特色である。志士たちは、国事に日夜東奔西走している関係から、月代を剃る本多髷(ほんだまげ)よりも、手のかからぬ髪形を必要としたためである。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android