コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商号変更 しょうごうへんこう

株式公開用語辞典の解説

商号変更

会社の名前を商号と呼ぶが、会社の名前を変更することを商号変更と呼ぶ。会社の名前を変更する場合には商号変更の登記がおこなわれる。商号変更がおこなわれた際に、株主は、旧商号株券を新商号の株券への引換え手続きをしなくてはならない。一定期間終了後、旧商号株券は、証券取引所において流通しなくなる。なお、所有株式のうち、証券保管振替機構へ預託されている株券については、引換え手続きは必要はない。商号変更がおこなわれる場合としては、合併・株式移転・株式交換の場合が想定される。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

商号変更の関連キーワードキリンホールディングス(株)国分 勘兵衛(11代目)株式会社阪急阪神ホテルズ地域経済活性化支援機構株式会社すかいらーく王子ホールディングスニューオータニ[株]愛知ドビー株式会社株式会社リソー教育日本コークス工業フジテレビジョンサンウエーブ工業ながの東急百貨店ヤマト運輸(株)株価指数先物取引東洋エクステリアライブドア(株)カネボウ化粧品日清食品(株)JASDAQ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商号変更の関連情報