コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証券保管振替機構 ショウケンホカンフリカエキコウ

デジタル大辞泉の解説

しょうけんほかんふりかえ‐きこう〔シヨウケンホクワンふりかへ‐〕【証券保管振替機構】

証券保管振替制度のもと、証券会社などから預託された株券保管・振替処理を一元管理するために設立された機関。昭和59年(1984)財団法人として設立、平成14年(2002)株式会社となる。日本で唯一の保管振替機関。通称、保振(ほふり)。→株券電子化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典の解説

証券保管振替機構

この制度において、証券保管振替機構は、株券などの有価証券の保管、受渡しの合理化を図ることを目的として制定された機関であり、日本で唯一の保管振替機関となっている。平成3年10月より「株券等の保管及び振替に関する法律」に基づき、保管振替制度が実施されている。証券保管振替機構は、証券会社等より預託された株券等を保管する業務をおこなっている。また投資家が株式の売買をおこなったり、証券会社に担保を差し出す際に、投資家と証券会社の間で株券そのものの受渡しをおこなわないで、証券保管振替機構内において、振替によって処理される保管振替業務や証券保管振替機構に株券を預けたままで、株主の権利を行使することができる権利処理もおこなっている。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

証券保管振替機構の関連キーワード公社債のペーパーレス化株券のペーパーレス化投資信託振替制度株式等振替制度実質株主名簿市場取引用語実質株主報告効力発生日株主名簿商号変更振替制度実質株主

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android