コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善光寺式三尊像 ぜんこうじしきさんぞんぞう

1件 の用語解説(善光寺式三尊像の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

善光寺式三尊像【ぜんこうじしきさんぞんぞう】

一光三尊形式の阿弥陀三尊金銅立像で三尊はおのおの蓮華座上に立ち,脇侍の二菩薩は六角形の宝冠をかぶる。欽明天皇の時代に百済の聖明王が献じたと伝える長野市善光寺の本尊を模したもので,平安後期〜鎌倉の阿弥陀信仰の隆盛に伴い各地で作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

善光寺式三尊像の関連キーワード三尊三尊来迎釈迦三尊中尊二尊薬師三尊来迎の三尊本田善光