コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善光寺式三尊像 ぜんこうじしきさんぞんぞう

1件 の用語解説(善光寺式三尊像の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

善光寺式三尊像【ぜんこうじしきさんぞんぞう】

一光三尊形式の阿弥陀三尊金銅立像で三尊はおのおの蓮華座上に立ち,脇侍の二菩薩は六角形の宝冠をかぶる。欽明天皇の時代に百済の聖明王が献じたと伝える長野市善光寺の本尊を模したもので,平安後期〜鎌倉の阿弥陀信仰の隆盛に伴い各地で作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone