コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欽明天皇 きんめいてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欽明天皇
きんめいてんのう

第 29代に数えられる天皇。名はアメクニオシハラキヒロニワノミコト。継体天皇皇子。母は皇后手白香 (たしらか) 皇女。6世紀なかば在位。この欽明朝に百済聖明王像経論を献じた。公式にはこれが仏教の最初の渡来とされているが,崇仏に関し蘇我,物部両氏の対立があった。対外的には,朝鮮との関係が新羅の進出に伴ってふるわず,日本人出先官憲の不正,失政も手伝って,危機にあった任那は新羅の傘下に入り,任那日本府はついに滅ぼされた。天皇はこのことを遺憾とし,その回復を遺詔して薨去したといわれる。宣化天皇の皇女の石姫を皇后とし,大和磯城島金刺宮に都した。陵墓奈良県高市郡明日香村の檜隈坂合陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きんめい‐てんのう〔‐テンワウ〕【欽明天皇】

[510~571]第29代の天皇。継体天皇の皇子。名は天国排開広庭(あめくにおしはらきひろにわ)。在位中に百済(くだら)から仏教が伝来したという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

欽明天皇【きんめいてんのう】

6世紀中ごろの天皇。継体天皇の皇子。父の死後,兄の安閑(あんかん)・宣化(せんか)両天皇の即位を認めず,別に朝廷を開いて対立したとの説がある。在位中,国内では崇仏(すうぶつ)の是非をめぐって蘇我・物部両氏の対立があり,国外では任那(みまな)が滅亡した。
→関連項目穴穂部皇子推古天皇崇峻天皇帝紀物部尾輿

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

欽明天皇 きんめいてんのう

?-571 記・紀系譜による第29代天皇。在位539-571。
継体天皇の皇子。母は手白香(たしらかの)皇后。「日本書紀」によると,都は磯城嶋金刺(しきしまのかなさしの)宮。朝鮮半島では新羅(しらぎ)が勢力をのばして任那(みまな)をほろぼし,釈迦仏や経論などを日本につたえた百済(くだら)の聖明王も新羅との戦いで戦死。国内では崇仏をすすめる大臣の蘇我稲目(そがの-いなめ)が力をつよめた。欽明天皇32年4月死去。墓所は檜隈坂合陵(ひのくまのさかあいのみささぎ)(奈良県明日香村)。別名は天国排開広庭天皇(あめくにおしはらきひろにわのすめらみこと),志帰島(しきしまの)天皇。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

欽明天皇

没年:欽明32(571)
生年:生年不詳
6世紀の天皇。生年は6世紀初めごろと考えられる。継体天皇と武烈天皇の同母姉・手白香皇女の子。即位前は天国排開広庭皇子と記される。宣化天皇死後の即位要請に対し,年少であることを理由に辞退,安閑天皇の皇后であった春日山田皇女を推したが,皇女が固辞したため539年即位したという。『日本書紀』では,継体死後,年齢の順に安閑,宣化,欽明と即位したと伝えるが,継体の死亡記事のもととなった『百済本記』は,太子,皇子も共に死んだと伝える。このことから,継体死後,安閑・宣化が欽明と争って破れた(辛亥の変)とする説や,二朝並立説が出されている。『日本書紀』と異なる仏教公伝年を伝える『上宮聖徳法王帝説』や『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』によれば,欽明即位は継体の死んだ翌年(532)となる。 欽明天皇の時代,最大の政治課題は朝鮮半島をめぐる国際情勢にあった。国力を増強させ,伽耶諸国に侵入しようとする新羅に対し,同じく伽耶地域への勢力拡大をめざしていた百済は,倭国の支援を得て新羅の侵入を阻止しようとした。これが,いわゆる「任那日本府」における任那復興会議である。かつて日本(倭国)の指導性が強調され,倭国の南部朝鮮支配の根拠として挙げられてきたが,最近では百済の指導のもとに結集した伽耶諸国の会議に倭臣が参加したとする解釈が出され,日本府についても,倭国の機関でなく,伽耶諸国が倭国と交渉するために置いた機関とする説もある。しかし,新羅の勢いは止められず,欽明は死に臨んで新羅を討って任那を復興するよう遺詔した。百済の聖明王の仏教伝達,五経博士や技術者派遣は支援要請に対する見返りという性格が強い。このとき渡来した人々の与えた影響は大きい。吉備(岡山県)に設置された白猪屯倉経営にかかわり,丁籍(戸籍)を作った百済人胆津(戸籍作成によって税収の実績を挙げ,白猪史の姓を賜っている)はその一例である。大和地方最後の巨大前方後円墳,見瀬丸山古墳(橿原市)に葬られた可能性が高い。<参考文献>鈴木靖民他『伽耶はなぜほろんだか』

(大平聡)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんめいてんのう【欽明天皇】

第29代に数えられる天皇。《古事記》《日本書紀》によると継体天皇の嫡子で母は皇后手白香(たしらか)皇女。異母兄の宣化天皇の死後をうけて539年に即位し,大和の磯城嶋金刺宮(しきしまのかなさしのみや)におり,宣化天皇の女の石姫を皇后として敏達天皇を生み,蘇我稲目の女の堅塩媛(きたしひめ)を妃として用明,推古両天皇,その同母妹の小姉君(おあねぎみ)を妃として崇峻天皇を生んだという。治世の初めは大伴金村と物部尾輿(おこし)が大連,蘇我稲目が大臣だったが,まもなく金村が朝鮮政策の失敗を攻撃されて失脚し,その後百済から仏教が公式に伝えられると,崇仏の可否をめぐって稲目と尾輿の対立が激化していったとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きんめいてんのう【欽明天皇】

記紀で第二九代天皇の漢風諡号しごう。名は天国排開広庭尊あめくにおしはらきひろにわのみこと。継体天皇の皇子。即位の年は、日本書紀によれば539年だが、現在の定説では531年。571年崩御。磯城島金刺宮しきしまのかなさしのみやを都とし、在位中、仏教が伝来。また、任那みまなの日本府が滅亡した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欽明天皇
きんめいてんのう
(510―571)

記紀に第29代と伝える天皇。継体(けいたい)天皇と手白香(たしらか)皇后(仁賢(にんけん)天皇の女(むすめ))の嫡子。名は伝わらず、和風諡号(しごう)は天国排開広庭天皇(あめくにおしはらきひろにわのすめらみこと)という。即位の事情については、継体天皇の死の直前、もしくは直後即位し、安閑(あんかん)・宣化(せんか)両天皇の「王朝」と並立したという説がある。この欽明朝において特筆すべきは対朝鮮問題である。この時期、新羅(しらぎ)はその国力の充実を背景に「任那(みまな)」諸国(加耶(かや))の有力国、南加羅(から)(金官(きんかん)国)の併合(532)、安羅(あら)(咸安(かんあん))、大加耶(おおかや)(高霊(こうれい))の併合(562)を推し進め、日本の権益ともかかわっていた「任那」諸国を完全に統属。この新羅に脅威を感じた日本と百済(くだら)とは同盟を強化、百済の聖明(せいめい)王からの「仏教公伝」、五経博士の来朝などは、こうした同盟関係を背景としている。一方、国内的には、蘇我(そが)氏が台頭してくる時期で、蘇我稲目(いなめ)は大臣(おおおみ)として国政に参加、女(むすめ)の堅塩媛(きたしひめ)、小姉君(おあねぎみ)を欽明天皇の妃として納(い)れ、外戚(がいせき)の地位を築き、開明的な政策を推進した。欽明陵は、檜隈(ひのくま)(奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村)坂合(さかあい)陵とされているが、全長318メートルの巨大な前方後円墳見瀬(みせ)丸山古墳(奈良県橿原(かしはら)市)に比定する説も強い。[小林敏男]
『末松保和著『任那興亡史』(1971・吉川弘文館) ▽山尾幸久著『日本国家の形成』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の欽明天皇の言及

【継体・欽明朝の内乱】より

…《日本書紀》では継体天皇の死をその25年辛亥(531)のこととし,安閑天皇1年(534)までの2年間は空位とされる。一方,仏教公伝を《日本書紀》が壬申年(552)とするのに対し戊午年(538)として伝える《上宮聖徳法王帝説》や《元興寺縁起》によれば,欽明天皇の即位は辛亥年となって先の継体没年とつながり,その間に安閑・宣化2天皇の治世をいれる余地がない。これらのことは明治期の紀年論において問題とされ,《日本書紀》の紀年よりも《古事記》の天皇崩年干支を重視する立場からは,継体の死を崩年干支の丁未年(527)のこととし,欽明即位の辛亥年(531)との間に安閑・宣化2天皇の治世をくりあげる解釈が出された。…

※「欽明天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

欽明天皇の関連キーワード箭田珠勝大兄皇子善光寺式三尊像天国排開広庭尊穴穂部間人皇女敷島・磯城島青海夫人勾子松浦佐用姫小石姫皇女膳巴提便金剛証寺石姫皇女秦大津父河辺瓊缶吉備姫王金剛證寺遣新羅使用明天皇調伊企儺小国神社羽黒神社

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

欽明天皇の関連情報