コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖明王 セイメイオウ

5件 の用語解説(聖明王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいめい‐おう〔‐ワウ〕【聖明王】

[?~554]百済(くだら)第26代の王。在位523~554。仏像・経典を最初に日本に伝えたという。新羅(しらぎ)との戦いで戦死。聖王。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖明王 せいめいおう

?-554 百済(くだら)(朝鮮)の第26代国王。在位523-554。
武寧(ぶねい)王の子。朝鮮正史の聖(せい)王にあたる。欽明(きんめい)天皇時代の日本と親善関係をむすび,高句麗(こうくり)や新羅(しらぎ)とたたかう。仏教をとうとび,日本へ仏像,経典をつたえた。聖王32年7月新羅とたたかって戦死。諱(いみな)は明穠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

せいめいおう【聖明王】

?~554) 百済くだら第二六代の王(在位523~554)。中国南朝の梁や日本と親交を結び、国家体制の整備につとめた。釈迦仏像や経典を初めて日本に伝えたといわれる。新羅しらぎと戦って敗死した。聖王。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖明王
せいめいおう

聖王」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖明王
せいめいおう
(?―554)

朝鮮、百済(くだら)の第26代の王(在位523~554)。『三国史記』『三国遺事』には聖王とある。武寧王の子である。中国の梁(りょう)によく通交して文物を得、「持節都督百済諸軍事綏東将軍(じせつととくくだらしょぐんじすいとうしょうぐん)百済王」に封ぜられた(524)。また欽明(きんめい)天皇の日本にも通交して仏教などを伝え、任那(みまな)の復興を図った。王は都を熊津(ゆうしん)(いまの公州)から泗(しひ)(扶余(ふよ))に移し、国号を南扶余とした(538)が、新羅(しらぎ)と争って戦死した。[浜田耕策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の聖明王の言及

【聖王】より

…在位523‐554年。聖明王,明王ともいう。諱(いみな)は明禯または明穠。…

※「聖明王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

聖明王の関連キーワード百済楽後百済百済大寺百済川百済宮奈良県北葛城郡広陵町百済百済昌成道深馬丁安百済記・百済新撰・百済本記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖明王の関連情報