コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖明王 セイメイオウ

5件 の用語解説(聖明王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいめい‐おう〔‐ワウ〕【聖明王】

[?~554]百済(くだら)第26代の王。在位523~554。仏像・経典を最初に日本に伝えたという。新羅(しらぎ)との戦いで戦死。聖王。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖明王 せいめいおう

?-554 百済(くだら)(朝鮮)の第26代国王。在位523-554。
武寧(ぶねい)王の子。朝鮮正史の聖(せい)王にあたる。欽明(きんめい)天皇時代の日本と親善関係をむすび,高句麗(こうくり)や新羅(しらぎ)とたたかう。仏教をとうとび,日本へ仏像,経典をつたえた。聖王32年7月新羅とたたかって戦死。諱(いみな)は明穠。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいめいおう【聖明王】

?~554) 百済くだら第二六代の王(在位523~554)。中国南朝の梁や日本と親交を結び、国家体制の整備につとめた。釈迦仏像や経典を初めて日本に伝えたといわれる。新羅しらぎと戦って敗死した。聖王。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖明王
せいめいおう

聖王」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖明王
せいめいおう
(?―554)

朝鮮、百済(くだら)の第26代の王(在位523~554)。『三国史記』『三国遺事』には聖王とある。武寧王の子である。中国の梁(りょう)によく通交して文物を得、「持節都督百済諸軍事綏東将軍(じせつととくくだらしょぐんじすいとうしょうぐん)百済王」に封ぜられた(524)。また欽明(きんめい)天皇の日本にも通交して仏教などを伝え、任那(みまな)の復興を図った。王は都を熊津(ゆうしん)(いまの公州)から泗(しひ)(扶余(ふよ))に移し、国号を南扶余とした(538)が、新羅(しらぎ)と争って戦死した。[浜田耕策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の聖明王の言及

【聖王】より

…在位523‐554年。聖明王,明王ともいう。諱(いみな)は明禯または明穠。…

※「聖明王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

聖明王の関連キーワード聖王元帝聖明王盲ろう魏書高僧伝推古天皇曇慧日羅柔然

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖明王の関連情報