善種(読み)ぜんしゅ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐しゅ【善種】

〘名〙 「ぜんしゅじ(善種子)」の略。
※高野山文書‐建久六年(1195)一二月一三日・官宣旨「然在庁豈欲一端利潤、可万代善種乎」
※正法眼蔵(1231‐53)菩提薩埵四摂法「一句一偈の法をも布施すべし、此生佗生の善種となる」 〔漢書‐賈山伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android