コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官宣旨 かんせんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官宣旨
かんせんじ

平安時代以降,太政官符太政官牒に代って太政官の左,右弁官が,その職掌に関して出した下文 (くだしぶみ) 形式の宣旨書出しが「左 (右) 弁官下」とあるのが特徴。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

官宣旨【かんせんじ】

平安時代以来,太政官の弁官局から諸国・寺社に下した下文(くだしぶみ)形式の公文書。弁官下文ともいう。→宣旨
→関連項目新制弁官

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんせんじ【官宣旨】

弁官下文(くだしぶみ)とも呼ばれ,太政官上卿(しようけい)の宣(口頭による命令)に基づき,太政官の一部局である弁官局が諸国や寺社にあてて発給する下文。様式的には,〈左(右)弁官下〉で始まり,文体が漢文体,書体が楷書体,日付が書下(かきくだし)年号である。上卿の宣によって発給され,宛所が機関である点で,官,官牒等の太政官文書と共通している。しかし下文の特徴として,差出所(弁官)から宛所に下す意を,〈下〉という伝達文言で直截に表現し,官印を省略し,位署が簡略化されている点が大きな相違である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんせんじ【官宣旨】

平安時代以降、太政官だいじようかんが弁官を通じて諸司・諸社寺などに下した公文書。弁官下文べんかんのくだしぶみともいい、太政官符と太政官牒とを代用するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官宣旨
かんせんじ

太政官(だいじょうかん)の一部局である弁官局(べんかんきょく)が諸国・諸寺社に下した公文書。左・右弁官局のいずれかが、太政官の当日の政務担当公卿(くぎょう)である上卿(しょうけい)の命を受け、請印(しょういん)や授受の儀式を省略して宛所(あてどころ)に直接に下す文書で、無印の下文(くだしぶみ)様式を用い、担当者の位署(署名)などの表記も簡略化されている。律令(りつりょう)に規定された文書に比して作成・発給の手続が簡便な点が特徴である。初見は『華頂要略(かちょうようりゃく)』所収の貞観(じょうがん)11年(869)5月11日付けのもの。以前太政官が官符(かんぷ)または官牒(かんちょう)にて発した政務事項のうち、緊急を要するもの、軽易な内容のものは、平安時代以降官宣旨で下すようになる。とくに、11世紀中ごろから13世紀中ごろまでは、国司(こくし)と諸権門勢家(けんもんせいか)との荘園(しょうえん)をめぐる相論(そうろん)を太政官が裁許したが、その訴訟手続文書としてもっとも盛んに用いられた。[富田正弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の官宣旨の言及

【公家様文書】より

…その淵源は二つに分けられる。一つは奈良時代に,仰せ,命令の意で広く用いられていた宣の系譜を引く内侍宣(ないしせん),宣旨(せんじ),口宣案(くぜんあん),官宣旨(弁官下文),国司庁宣,大府宣などである。内侍宣は,天皇に近侍して奏宣をつかさどる内侍司の女官が天皇の仰せを伝えるものであるが,薬子の変を機に蔵人所が置かれ(810),蔵人が天皇の仰せを,太政官の上卿に伝えるようになった。…

【下文】より

…そこで文書作成担当者から直接下達する文書として開発されたのが下文である。下文の最も早い形は,9世紀から見える官宣旨(弁官下文)で,太政官符・牒に代わって,太政官の一部局である弁官局から発給され,形式としては差出所(左・右弁官)と宛所の間の伝達文言に〈符〉に代わって〈下〉を用いる点が特徴である。11世紀に至り,荘園制や公領請負制が進展すると,領主や官司は,その支配のため政所を設け,政所から荘園・公領の在地に下命する文書として下文を用いたが,これが政所下文で,13世紀ころ奉書や書下に代わるまで盛んに用いられた。…

【古文書】より

…(B)令外様文書 律令制の崩壊とともに,公式様文書に代わって,重要な政治文書として用いられるようになったのが令外様文書である。すなわち公式様文書の繁雑な発給手続を省略して,上卿(しようけい)の仰(おおせ)を直接当事者に伝えるようになったのが宣旨で,それを太政官の正式文書として発給したのが官宣旨である。官宣旨は〈左(右)弁官下……〉という書式をとることから弁官下文(くだしぶみ)ともいわれ,これから院庁(いんのちよう)下文,公家あるいは寺社の政所(まんどころ)下文という文書が成立した(下文)。…

【宣旨】より

…つまり,宣旨は,結果として上司の宣を配下が奉って第三者に伝える構造をとるのである。 宣旨の種類は,奈良時代には多種多様であるが,平安時代にみられるのは,天皇の口勅を蔵人が奉り上卿に伝える口宣(くぜん)(ただし,11世紀末には宣旨と異なる様式となる),内侍の伝宣を検非違使庁官人が奉る内侍宣,使別当の宣を使庁官人が奉る検非違使別当宣,上卿の宣を外記(げき)が奉る上卿宣旨(外記宣旨),上卿宣を弁官が伝宣し史が奉る弁官宣旨等である。このうち,外記宣旨と弁官宣旨は,太政官から出される宣旨で,とくに重要である。…

【太政官】より

…これらが後世公卿(くぎよう)といわれるものであって,その定員は10世紀ころまでほぼ守られていた。この組織は,天皇の諮問にこたえ,国政や法を審議し,また,天皇の命令(勅)や審議決定事項を後述の弁官局に伝えて,行政執行命令書としての太政官符(諸官庁に下す命令書),太政官牒(寺院などに下す命令書),弁官下文(官宣旨(かんせんじ)ともいい,太政官符,太政官牒の様式と発布手続を簡略にしたもの)を作成させ,執行させる。これは,律令制以前に存在した畿内出身の有力豪族の長による国政合議の体制を継承したものであって,8世紀前半には旧豪族の拠点として天皇の権力を掣肘(せいちゆう)する機能を保持していたが,8世紀半ば以降そうした機能は失われ,しだいに天皇に従属するものとなった。…

※「官宣旨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官宣旨の関連キーワード太政官(古代)類聚符宣抄武家様文書弁官の下文公家様文書小犬丸保小宅荘衾宣旨日根荘茜部荘籠作院庁口宣陣定薪荘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android