コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜兵衛島製塩遺跡 きべえじませいえんいせき

国指定史跡ガイドの解説

きべえじませいえんいせき【喜兵衛島製塩遺跡】


香川県香川郡直島町喜兵衛島にある製塩所。喜兵衛島は瀬戸内海に浮かぶ無人島で、宇野港の東方約2kmに位置する。島は東西に長く、4ヵ所ある浜には師楽(しらく)式と呼ばれる古墳時代の製塩土器が堆積している。1954年(昭和29)からの発掘調査により、南東浜で炉が5基以上発見された。炉は楕円形で平石を敷きつめ、長径約3m、短径約1.5m、周辺から多量の製塩土器が見つかっている。丘陵寄りでは日常生活に用いたとみられる土器が多く出土し、居住場所と考えられる。また丘陵上には、6世紀から7世紀初期に築かれた古墳が十数基あり、副葬品として土師器(はじき)・須恵器(すえき)・鉄器のほかに、完形に近い製塩土器が出土した。古墳時代の製塩の仕組みが明らかになり、生産集団の生活をうかがうことができる重要な遺跡として、1979年(昭和54)に国の史跡に指定された。無人島のため定期便はなく、岡山県玉野市宇野港から船を頼む必要がある。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

喜兵衛島製塩遺跡の関連キーワード副葬品土師器長径短径丘陵

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android