喜兵衛島製塩遺跡(読み)きべえじませいえんいせき

国指定史跡ガイドの解説

きべえじませいえんいせき【喜兵衛島製塩遺跡】


香川県香川郡直島町喜兵衛島にある製塩所。喜兵衛島は瀬戸内海に浮かぶ無人島で、宇野港の東方約2kmに位置する。島は東西に長く、4ヵ所ある浜には師楽(しらく)式と呼ばれる古墳時代の製塩土器が堆積している。1954年(昭和29)からの発掘調査により、南東浜で炉が5基以上発見された。炉は楕円形で平石を敷きつめ、長径約3m、短径約1.5m、周辺から多量の製塩土器が見つかっている。丘陵寄りでは日常生活に用いたとみられる土器が多く出土し、居住場所と考えられる。また丘陵上には、6世紀から7世紀初期に築かれた古墳が十数基あり、副葬品として土師器(はじき)・須恵器(すえき)・鉄器のほかに、完形に近い製塩土器が出土した。古墳時代の製塩の仕組みが明らかになり、生産集団の生活をうかがうことができる重要な遺跡として、1979年(昭和54)に国の史跡に指定された。無人島のため定期便はなく、岡山県玉野市宇野港から船を頼む必要がある。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android