コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多川相説 きたがわ そうせつ

3件 の用語解説(喜多川相説の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

喜多川相説

江戸前期の画家。「伊年」印を用い、俵屋宗達の後継者の一人と思われる。一説に宗雪と同一人物とされるが、作風からみて別人であり、宗雪の後継者で十七世紀半頃金沢地方で活躍したと推定される。草花図の屏風や押絵貼が多く伝わり、草花をまとまりよく配置した画面の構成に特徴がある。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多川相説 きたがわ-そうせつ

?-? 江戸時代前期の画家。
俵屋宗達(たわらや-そうたつ),俵屋宗雪とおなじ「伊年(いねん)」印をもちい,宗達の後継者とつたえられる。遺作の落款によれば,法橋(ほっきょう)となり,72歳で存命していた。号は宗説ともかく。代表作に「四季草花図屏風(びょうぶ)」(根津美術館)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

喜多川相説

生年:生没年不詳
江戸前期の画家。姓は喜多川。「伊年」印を使用する俵屋工房の画家で,画風からみて俵屋宗雪より次世代の17世紀後半を中心に活躍したと推定される。72歳の高齢まで存命し,法橋に叙せられているほかは,伝記に関してはほとんど不明。前代までのような金地濃彩の重厚な草花図に代わって,墨画淡彩の瀟洒な草花図を得意とし,屏風の1扇ごとに独立した構図をとる押絵貼屏風の作品も多い。代表作「四季草花図屏風」(根津美術館蔵),「草花図屏風」(クリーブランド美術館蔵)。<参考文献>山根有三ほか編『琳派絵画全集 宗達派2』

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の喜多川相説の言及

【琳派】より

…光悦の書風は弟子たちに受け継がれ光悦流を形成し,孫の光甫(空中)は絵画,陶芸にも作品を遺した。宗達は弟子を教育して工房的制作を行ったが,その一人と推定される俵屋宗雪が跡を継ぎ,さらに喜多川相説へと受け継がれた。宗雪は加賀の前田家に仕え,相説は金沢を本拠地として多くの草花図を制作した。…

※「喜多川相説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

喜多川相説の関連キーワード喜多川行麿喜多川玲明松原広重狩野元俊喜多道矩喜多川月麿喜多川喜多川派田中安敬幽篁舎嘯月

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜多川相説の関連情報