コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵屋宗雪 たわらやそうせつ

3件 の用語解説(俵屋宗雪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俵屋宗雪
たわらやそうせつ

江戸時代前期の画家。寛永 19 (1642) 年には法橋の位にあり,俵屋宗達工房の「伊年」印を用いていたことから,宗達の後継者であったことが認められ,俵屋を称した。寛永末年頃金沢に下り,前田家の御用絵師として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俵屋宗雪 たわらや-そうせつ

?-? 江戸時代前期の画家。
俵屋宗達の子,弟,弟子などとつたえられ,宗達とおなじ伊年(いねん)印をもちいている。寛永19年(1642)以前に法橋(ほっきょう)となる。加賀金沢藩の前田家につかえ,慶安3年前田利治(としはる)の江戸屋敷の襖(ふすま)絵をえがく。代表作に「秋草図屏風(びょうぶ)」(東京国立博物館)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

俵屋宗雪

生年:生没年不詳
江戸前期の画家。俵屋宗達の後継者で,工房印「伊年」を継承し,俵屋を名乗る。寛永19(1642)年ごろ法橋となる。同年加賀藩3代藩主前田利常の命で八条宮の新築御殿に襖絵を描いたのをはじめ,前田家の御用を多く勤め,また宮中関係からも注文を受けた。画風は宗達風の装飾画風を受け継ぐいっぽうで,狩野派の画法も習得していた形跡があり,宗達画を変質発展させた。代表作「秋草図屏風」(東京国立博物館蔵)。金沢地方には宗雪の後継者が制作した多くの伊年印草花図屏風が残されている。<参考文献>山根有三他編『琳派絵画全集 宗達派2』

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の俵屋宗雪の言及

【俵屋宗達】より

…桃山~江戸初期の画家。生没年不詳。琳派の創始者。使用印に〈伊年〉〈対青〉〈対青軒〉がある。京都の上層町衆出身で,唐織で名を得た織屋の蓮池氏かその別家喜多川氏の一族であったと推定される。早く〈俵屋〉を屋号とする絵屋あるいは扇屋を興して主宰したらしく,磯田道冶の仮名草子《竹斎》によれば,元和年間(1615‐24)京都でその扇面画,源氏絵は非常に評判の高いものであった。すなわち弟子を使って工房制作を行い,俵屋絵として売り出したのである。…

【琳派】より

…光悦の書風は弟子たちに受け継がれ光悦流を形成し,孫の光甫(空中)は絵画,陶芸にも作品を遺した。宗達は弟子を教育して工房的制作を行ったが,その一人と推定される俵屋宗雪が跡を継ぎ,さらに喜多川相説へと受け継がれた。宗雪は加賀の前田家に仕え,相説は金沢を本拠地として多くの草花図を制作した。…

※「俵屋宗雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俵屋宗雪の関連キーワード喜多川相説俵屋宗達宗達立林何帠垂らし込み風神雷神図俵屋宗理(初代)俵屋宗理(3代)長谷川左近俵屋宗理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone