コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落款 らっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落款
らっかん

落成款識」の意味で,巻物巻末や掛幅の一端などに,筆者みずからが書き記した姓名や号,制作年月,干支のほか,自捺した印章などを合せていう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らっ‐かん〔ラククワン〕【落款】

[名](スル)《落成の識(かんし)の意》書画が完成したとき、作者署名し、または押印すること。また、その署名や印。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

落款【らっかん】

書画の筆者が自筆の作品であることを証明するために,姓名,雅号,年月日等を同一画面内に書いたもの。中国古銅器の刻銘で陰刻を款,陽刻を識(し)といったのに由来する。
→関連項目印章

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らっかん【落款】

落成款識(かんし)の略。書画が完成したとき,それが自作であることを示すため,作品に姓名,字号,年月,識語(揮毫の場所,状況,動機等の),詩文などを記すこと。その文を款記,そのときに捺(お)す印章を落款印という。中国では《芥子園(かいしえん)画伝》に,〈元以前は多く款を用いず。或は之を石隙に隠す。書の精ならずして画局を傷つくること有るを恐るるのみ。倪雲林に至り,字法遒逸,或は詩尾にを用い,或は跋後に詩を系(つ)ぐ〉とあり,本来画工は絵に無款のままか目だたぬように記した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らっかん【落款】

( 名 ) スル
〔落成の款識かんしの意〕
書画が完成したとき、作者が署名・押印すること。またその署名・押印。 「毫ふでを墨黒々と揮つて其の下に告朔餼羊坊こくさくきようぼうと-した/くれの廿八日 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落款
らっかん

落成款識(らくせいかんしき)」の略語。日本・東洋の書画で、完成の際、筆者が作品に施す署名捺印(なついん)のこと。書の末尾や画面の空隙(くうげき)などに姓名、雅号(がごう)、位階、あるいは制作年月日を記し、印を押す。絵画の内容に関連した詩文(讃語(さんご))や跋語(ばつご)、揮毫(きごう)に至った経緯を記した識語などがある場合には、これをも含めていうことがある。その作品の真贋(しんがん)や制作年代の推定をするうえで一つの基準ともなるものである。落款を入れる位置は、通常は巻末や画面の空隙などであるが、対幅や屏風(びょうぶ)では、それぞれ対称的な位置に入れるのが普通である。また落款があまり目だつことがはばかられる場合には、画面に描かれた樹葉や岩石、土坡(どは)の皴(しゅん)の中に入れることもある。これを「隠し落款」といい、中国の宋元(そうげん)画などにはときにみられる。[榊原 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の落款の言及

【印章】より

…また,金・元・清など非漢民族出身の王朝では,女真文字,モンゴル文字,満州文字の印が使われ,あるいは漢字と併用された印も行われた。つぎに隋・唐以後の私印は官印より小さく,変化に富み,用途も封信のほかに所蔵,鑑定,落款などにも用いた。唐代には書画の鑑識に印を合縫に押す風が普通の習慣となり,唐太宗の〈貞観〉,玄宗の〈開元〉,宋の徽宗の〈政和〉〈宣和〉,南宋高宗の〈紹興〉〈徳寿殿宝〉などは御府の蔵をしめす。…

※「落款」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落款の関連キーワード中村蘭台(2代)風神雷神図屏風印譜らくがん平野庄左衛門北村忠兵衛清原雪信女若杉五十八喜多川相説長谷川雪江藪田文輝安永正次菱川友宣藤田祥元龍山光円板谷広長川上松岳生駒等寿露木秋圃本朝画史別所友賢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落款の関連情報